凍結予防について

 地球温暖化といえども、急に冷え込む夜も結構あります。

凍結によって、機器が破損した場合の修理代は、保証期間であっても有償になります。高価な給湯器等を破損させない予防方法についてご紹介します。

・給湯器内部の凍結予防

気温が凍結する温度に近くなると、器具内の凍結予防ヒーターが自動的に作動します。電源プラグを抜くと作動しないので電源は抜かないでください。リモコンの運転スイッチは切っていてもかまいません。

・給水・給湯配管の凍結予防

凍結予防ヒーターだけでは、給湯配管内の凍結は防げません。特に冷え込む夜はこの方法で。

 @リモコンの運転スイッチを「切」にします。(給湯器本体の電源は抜かないでください。)

 Aお湯の出る給湯栓(できれば給湯器から一番遠くにある蛇口)を開けて少量の水(1分間に400cc・太さ4mm程度)を流し続けます。

 サーモ付き混合水栓の場合は、最高温度の位置に設定してください。

 流した水は浴槽などに貯めて、有効利用をお願いします。

・追い焚き配管の凍結予防

追い焚き機能付風呂釜の追い焚き配管の凍結予防をするために、浴槽の水を循環アダプターより5cm以上ある状態にしてください。

ポンプが自動的に浴槽の水を循環させ、凍結を予防します。ポンプの運転音がします。水がないとポンプが空運転し、機器から大きな音がする場合があります。

・もし凍結してしまったら(凍結してお湯が出ない場合)

 @リモコンの運転スイッチを「切」にします。(空焚き防止のため)     外気温の上昇により、自然に解凍するまで待ってから使ってください。その場合、給湯器本体や配管から水漏れがないか、よく確認してください。

・ガス給湯器の水抜き方法について

長期間旅行などでご不在にされる場合は、下記の方法をおすすめします。

 @リモコンの運転スイッチを「切」にします。(給湯器本体の電源は抜かないでください。)                               

 Aガスの元栓(1)と給水元栓(2)を閉めます。

 B浴室、台所、洗面台等の給湯栓を全開にします。

 C水抜き栓(3)(4)をまわして、水抜き栓を完全にはずし水を抜きます。

 D最後に電源プラグを抜きます。

 E再度使用するときは、水抜き栓(3)(4)と家内すべての給湯栓を閉め、給湯元栓(2)を全開にして、すべての蛇口から水が出るのを確認し、ガスの元栓を開け使用します。

2008年12月04日13:51

お部屋にガスコックをもうひとつ

ガスコックを増やしませんか?

おうちの中のガスコックや、屋外にあるガスの配管から簡単にガスコックを増設できます。2階のお部屋にも取付簡単。

工事は半日。

屋外配管3m未満で15,750円、屋内配管3m未満で19,005円

材工セット価格です。

2008年11月01日14:50

ガスコック固くなってませんか?

そろそろ、ファンヒーターの恋しい季節です。

お部屋のガスコックが、固くてまわりにくいということはありませんか?

ガスコックも年数が経ってくると、潤滑油が切れてまわりにくくなってきます。

ペンチなどで無理にまわすと芯棒が折れてガス漏れの原因となります。

お早めにグリスアップなどの手当てをしましょう。

  ガスコックグリスアップ 1ケ所3,150円〜

また、壁や床についているボックスコックも簡単に新型のガスコンセントに取替えできます。

たとえばこんなガス栓を

      

新型のガスコンセントに

ほとんどのコックに対応できます。

  ガスコンセント取替 価格は材工共で、1ケ所6,000円〜

2口にすることも可能です。

暖房機器を出す前に、ぜひご確認ください。

2008年11月01日13:37